院長挨拶





当院の方針

医療法人社団鉄友会 柳町病院は、3つの基本理念を基に地域医療に貢献できるよう日夜努力を重ねております。

 第一に、第2次救急指定病院として地域住民の急性期の病気に対応し、早期治療・早期回復に心懸けております。

 第二に、地域住民の健康を守る、すなわち予防医学に力を入れております。
中国4000年の歴史の中で、「聖人は既病を診ず、未病を診る」という言葉があります。既に病気になってしまった人を完全によくするのは難しいことです。医学が発展しても車の部品を交換するように人間の体を取り替える訳にはいきません。寝たきりにならないように未病の段階から健康管理を行いたいと思います。

 第三に、終末期医療に力を入れているということです。
人間は最後には必ず死を迎えます。Quality Of Death(QOD) 死の質というか人間の死にざまを尊重したいと考えます。家の畳の上で死にたいという方も多勢おります。在宅医療にも力を入れ、病院で死を迎えるにあたっても、本人・家族の延命治療を望まれる方とそうでない方いずれの場合も可能な限り誠意を持って対応したいと考えております。

 皆様に頼られ、またかわいがられる病院を目指しております。
 よろしくお願い致します。
                     −以 上−